ガーナに来て思うこと。

「ゴミ、多っ!!」

道路にもマーケットにもゴミがたくさん。

でも、ゴミでできた素敵なお土産があるって

知ってました?

ガーナの魅力を紹介するためのブログでこんなこと言うのも変ですが、

道に溢れかえったゴミ及びポイ捨て及びゴミ処理問題はひどいです。

‘Keep Ghana Clean’なんて政府のプロモーションもやってますが、

そもそもゴミ箱自体少ないしねぇ

 

そんなガーナのゴミ問題に取り組んでいるのが

Trashy Bagshttp://www.trashybags.org/)をはじめとする、

プラスチックやその他のゴミを資源と位置づけ再利用しようとする団体です。

だんだんと人々のゴミ問題への意識が変わることを願いつつ

今回はTrashy Bagsの活動と店舗、工場兼ショールームをご紹介します。

 

Trashy Bagsの主な活動は使い終わったビニールゴミ

(ピュアウォーターという飲料水やアイスの袋、廃棄されたビルボードなど)

を利用してカバンやポーチ、タブレットケースを製造すること。

とても丁寧に縫製されているうえに強度が高く、防水素材という優れもので、

オブロニ(白人)人気がとても高いブランドです。

ショップはガーナの繁華街・オスの目抜き通りから

徒歩5分ほどの距離にあります。

ショップまでの道のりには看板があるので分かりやすい(^^)

ショップの外装はこんなかんじ↓

店内は明るく洗練されていて、

ヨーロッパのショップに来たのかと思ってしまうほど!

ほんとに、全商品がゴミからできているなんてビックリです。

私は、一番人気だというピュアウォーターエコバッグ(24GHc)と

スマートフォンがぴったり入るポーチ(18GHc)を購入しました。

 

ちなみにピュアウォーターってこんなもの↓

ビニール袋に飲料水が入っていて、端を食いちぎって飲みます。

500ml一袋20GHp(約7円)と経済的。

カバンになってもビニールだからとっても軽いです♪

 

Trashy Bags Store

WEB: http://www.trashybags.org/

(↑オンラインショップも搭載されています)

Osu, Accra, Ghana

TEL: 054-434-9857, 024-293-4021, 024-306-4468

OPEN: 月〜土、午前10時〜午後7

 

後日、製品ができる過程も見てみたい!と

工場&ショールームにもお邪魔しました。

こちらはオスではなく、アベレンペというエリアにあります。

アチモタロードとアベレンペロードの交差点から徒歩20分ほど。

こちらも看板が出ていますので矢印を追っていくと辿り着くと思います。

見学はいつでも自由、無料で誰にでも開放されています。

工場にはショールームや庭園も併設されており、

作り手の方達とお話しながら作っているところを見せていただきました。

こちらのお兄さん、リュックサックを作っています!

軽くて丈夫そうだから今度買いたいな〜^^

製品ができる前のゴミ。

 

工場内はとても明るくておしゃれ!

Trashy Bagsの理念が伝わってくるような空間でした。

 

Trashy Bags Factory & Showroom

2, Shiakle Link, Abelenkpe, Accra, Ghana

TEL: 030-277-6060

OPEN: 月〜金、午前9時〜午後5

 

 

帰り道におしゃれな雰囲気のアイスクリーム屋さん発見!

アフリカン・アメリカンのご夫婦が経営していらっしゃるスタンドで、

アイスクリーム(5GHc)やスムージー(10GHc〜)などがあります。

今回はオレオアイスをいただいてみました。

これが出てきた瞬間思わず歓喜!

ワッフルコーンがスタンダードというのは実に素晴らしいですね!!

アイスを食べ終え、足取りも軽くアベレンペを後にしました。

 

 

 

【ガーナの旅行会社ヨシケントラベル】

http://www.yoshikentravelgh.com/index.html

ガーナ旅行、西アフリカ旅行、航空券、ツアー、撮影、取材アテンド、レンタカー・ホテル手配、引越しサポートなど

ガーナのことなら安心と実績のヨシケンにお任せください!