例年、8月から9月にかけては

夏休みを利用してインターンに参加してくれる学生を不定期で受け入れています。

 

今年も2人の大学生がそれぞれ2週間、おはようファームで活動してくれました!

おはようファームでは、固定したインターンプログラムを持ちませんが、

学生の興味関心や得意分野に応じて、臨機応変に農場の活動に参加していただく形で

数年前から学生を受け入れています。

 

8月末から2週間滞在した学生は、農業土木という専門を生かして

”野菜の実験圃場にスプリンクラーを設置する”というミッションを担ってもらいました。

 

自分で資材店をめぐって、限られた資材と資金と時間の中でのやりくり。

スタッフに指示を出して一緒に設置作業を行い、

意見交換をしながら、設計図を練り直していきます。

 

試行錯誤の末、ばっちりと完成させてくれました。

 

9月の中旬に2週間滞在した学生は、

農作業と農場管理を体験してもらいました。

 

レタスやカリフラワーの苗の定植にはじまり、

野菜の初期の生育段階を担当します。

 

とくに、雑草対策は手作業で行っているため、

炎天下では相当な労働量となります。

 

また、9月は雨季のため、雨で作業を中断したり、

浸食されて作業がやり直しとなったりするため、

天候を考慮した作業計画の立て方などに、問題意識をもって取り組みました。

 

慣れない作業にも根気強くおこない、無事2週間のインターンを完遂。

 

二人のインターン生の活躍おかげで、今期の野菜は多くの方にお届けすることがでしました!

とても感謝しています。

 

このご縁がまたどこかでつながりますように。
 

JUGEMテーマ:海外で農業