今年のおはよう農場の目玉プロジェクトは

”お米”です!!

ガーナは6月から雨季。

この恵みの雨に合わせて、おはよう農場では

田植えを行いました!

 

おはよう農場は敷地全体が緩やかな谷になっています。

 

あらゆる方向に傾斜しているので、

こまかく畦をひき、段々畑となりました。

(この畦づくりが、大変な労力を要するものでした・・・ 

 詳しくは後日。)

このように谷の間に作られた田んぼは

”谷地田”と呼ばれています。

 

棚田づくりの一方で、

苗は順調に育ってくれていました。

 

出来上がった田んぼにいざ田植え。

おはよう農場があるイースタン州では稲作はあまり盛んではないため、

スタッフは右往左往。

そこで、今やボルタ州で立派なお米農家となっている

かつてのおはようガーナ基金のスタッフを呼び寄せ、陣頭指揮をとってもらいました。

 

なれないぬかるみの中をいったりきたり大変でしたが、

手植えにてはまっすぐ、丁寧に植えられたのではないでしょうか?(手前みそ)

 

 

JUGEMテーマ:海外で農業