しまった!!熟してない!?

と不安になるくらいまっしろなパイナップル。

 

固い?酸っぱい?にがい?・・・

 

甘い!!!ばっちり熟しています。

それもそのはず、おはよう農場にて育てているパイナップルは

別名ホワイトパイナップルと呼ばれる、シュガーローフという品種なのです。

果実は細長くしずく型をしていて、皮の緑が鮮やかなまま熟します。

真っ白な果実はとても柔らかくて、ジューシー。

なんと芯まで食べられるのです。

 

ガーナでは、いちょう切りにして、そのままぱくっと食べるのが主流。

切るのが楽ちんなのもうれしいところ^^

(切り方についてはこちら→『パイナップルの切り方(基本編)』)

 

ちなみに日本で一般的に出回っている品種の一つにMD2というものがありますが、

こちらは黄色くて芯は固く、甘みと酸味の両方を持っています。

比べてみると、色や形の違いが一目瞭然!

 

実は葉っぱも異なり、

シュガーローフ(右)は縁がとげとげ、MD2はつるつるです。

シュガーローフをお買い上げの際には、葉っぱに気を付けてくださいね。

 

日本ではまず見かけることのない

白いくてあまくて柔らかいシュガーローフ。

ガーナに来たら絶対味わいたい、魅惑のフルーツです!

 

JUGEMテーマ:海外で農業