ガーナのスピリチュアルスポットは多しと言えども、

一度は体験してみたい(?)最強のパワースポットがあるのです!

ガーナ最北の州・アッパーイーストの州都・ボルガタンガから

車で南に30分の場所にあるのがトンゴという村。

公共交通機関で行くならタクシーが便利です。

村に近づくにつれ、

ごつごつした岩が一面に転がり、重なり、別の惑星に来たような光景が広がります。

至る所にあるこんな岩の重なりも、自然にできたもの。

どうやってこんなバランスとれてるの...?と目が点になります。

この岩の下は昔学校だったそうで、黒板として岩が使われたあとも残っていました。

 

別の岩山では、せま〜い岩の隙間をくぐったところに空間が出現!

その昔、争いがあったときの隠れ家になったそう。

こちらは争い時に食事場として使用されていた空間。

岩にボコボコあいたこちらはお皿代わりにしていたそう!

 

犬の横顔みたいな岩を見つけてパシャリ。

 

続いて、チーフパレス(村長のお家)に案内してもらう。

屋上から見渡す村のお家がなんともかわいいです。

泥で作られた伝統的家屋は丸や四角のかたちで高さが均一になっています。

ガーナでも北部でしか見ることができない珍しいタイプ。

小さな出入り口がひとつだけの不思議な建物です。

 

村のところどころには祭壇が。

けっこうな確率で周囲に鳥の羽が散らばっています、

というのも...

トンゴ村の人々が崇める聖なる丘(奥)があるのです!

ふもとから見上げるとけっこうゴツゴツしてて高いです。

 

ここに来た目的はこの神聖な丘に登ること。

そこに立ち入るためのルールがなかなか斬新で...

 

上半身裸で登るんです。

はい。男性も女性も。

また、膝から下も隠しちゃいけません。もちろん靴もダメ。

長ズボンの方はまくり上げるかパンツ一丁でどうぞ。

 

山の中腹までは服を着たままでOKです。

運動が苦手な特派員にとっては険しく厳しい登山。

乾季の正午の暑さで意識朦朧としつつ、ひたすら登る...

しかも岩肌が焼けたように熱い。そこを素足で。つらい。

もう、無理...と思ったところで見晴らしのいいスポットが!

(しんどすぎて写真撮るの忘れました...)

 

そう、ここからがメインなのです!いよいよ脱ぐとき!

ふらふらになりつつ目指すは登頂のミッション達成のみ、

ここまで来ておいて恥などありませんので躊躇なく脱ぐ。

そしてさらに険しい岩山をぐいぐいと登ったところで

シュラインと呼ばれる神さまにご祈祷するスポットに到着です。

 

祈祷師の方にお祈りをしていただくも、ご祈祷代をあっさり取られてしまい

ガイド料(30GHc/学生20GHc)と合わせると

お財布がかなり軽くなってしまいました...。

でもこんな経験ってガーナならでは!

全部終わってみるとなんだかすっきりでした。

きっと一生の思い出に残るトンゴヒルズ!

ガーナ最強のパワースポットです!

 

 

 

 

 

 

【ガーナの旅行会社ヨシケントラベル】

http://www.yoshikentravelgh.com/index.html

ガーナ旅行、西アフリカ旅行、航空券、ツアー、撮影、取材アテンド、レンタカー・ホテル手配、引越しサポートなど

ガーナのことなら安心と実績のヨシケンにお任せください!