アフリカ大陸の食生活を語る上で欠かせない食材、

キャッサバ。

 

Nsawam農場でも、すくすくと育っています!

ガーナの主食の代表格、フフの原料ですが、

もちろんそれ以外にもたくさんの調理法があり、

ガーナ(のみならず広くアフリカ各国)の食文化にふかく根付いている食材です。

 

日本ではお芋そのものより、

タピオカとしてお目にかかる方が多いですね。

 

このキャッサバ、植えた直後の姿がこちら。

切って差す。以上です。非常に簡単。

これが数日すると、上記写真のように芽吹くのです。

 

葉っぱは麻の葉のように、放射状にひろがります。

 

収穫まではまだまだですが、順調に育ってくれています!

 

JUGEMテーマ:海外で農業