Nasam 農場の奥、パイナップル畑の横に広がるのが、

1歳になろうとしているパパイヤの木たちです。

 

 

大きく育った大人の木は

このように背が高く、上の方に実がなるのですが

 

当農場のパパイヤはまだ植えてから1年弱と若いので、

170センチほどと、背が低めです。

でもしっかりと実をつけてくれています!うれしい!

 

日本ではパパイヤの名前でおなじみですが、

こちらガーナではかわいらしく、ポポ(Paw paw)と呼ばれています

というのも、パパイヤはCarica Papaya という学名の一部であり、お堅い響きなのだそう。

 

ガーナ人にとってとても身近なフルーツ、パパイヤ。

街のいたるところで売っています。

お買い求めの際には、ポポください、と言ってみてください!

 

JUGEMテーマ:海外で農業