ギニア湾に面するジェームズタウンは

フィッシュマーケットで賑わう

アクラで最も混雑するスラム地区。

街の喧騒を静かに見下ろすように建つのが

こちらのレトロで可愛らしい灯台です。

ジェームズタウンは17世紀にガーナにやってきた

イギリス人によって開かれた約350歳の港です。

街のトレードマークは

こぢんまりとしながらも長い歴史を感じさせるこの灯台。

10GHcで内部の見学が可能です。

レセプションなどはありませんが入り口に管理人がいます。

 

中に特に何かがあるわけではありませんが、

せっかくなので入ってみることに。

レトロな建物が好きならきっとワクワクする扉や、

ぐるぐる続く螺旋階段など。

赤がポイントカラーに使われていて結構可愛いですよね^^

 

一番上まで登るとジェームズタウンの街が一望できます!

 お世辞にも絶景とはいきませんが、

漁に向かう漁船や街の賑わいを見るのは興味深かったです。

 

そして毎年ジェームズタウンでは

CHALE WOTEアートフェスティバルが開催されているようですので、

興味がある方は是非チェックしてみてください!

去年のアートフェスティバルの様子はこちら

 

 

 

【ガーナの旅行会社ヨシケントラベル】

http://www.yoshikentravelgh.com/index.html

ガーナ旅行、西アフリカ旅行、航空券、ツアー、撮影、取材アテンド、レンタカー・ホテル手配、引越しサポートなど

ガーナのことなら安心と実績のヨシケンにお任せください!